マカを飲んでガタガタだった基礎体温がキレイになったよ!

妊娠できないのが悩みなんだけど、基礎体温もガタガタで生理周期が分かりにくく排卵日が予測できません。どうしたらいいの?。

妊活と食生活について

妊活する女性

妊活では睡眠や運動などの生活改善がとても大切とされていますが、食生活を少し変えるだけでも妊娠しやすくなると言われています。

人間は食事を摂ることによって生命活動を維持しているため、健康で豊かな生活を送りたいと言う場合、適度な栄養をバランスよく摂取していくことが必要です。

ちなみに、偏った食生活は食欲不振や肥満、下痢、便秘などのトラブルを引き起こすことがあります。

生理不順などのトラブルが起きてしまうと妊娠に悪い影響が出てしまいます。

脂質と糖質、タンパク質は体を作るために必要な栄養素となっており、特に胎児の成長にはタンパク質が欠かせません。

タンパク質は肉や魚、卵、乳製品などに多く含まれていますが、妊活の間はタンパク質が豊富な食材を2種類以上食事に取り入れると良いでしょう。

肉や魚は主菜のメニューに取り入れ、副菜として豆腐やチーズ、卵などを用意することにより、タンパク質をしっかり摂取できるようになります。

 

不足しがちな栄養素とは

また、不足しがちな鉄分や亜鉛、葉酸も積極的に摂ると良いでしょう。

鉄分は子宮の環境を整え、亜鉛は女性ホルモンの分泌を促す効果があると言われていますし、葉酸は妊娠初期に胎児の脳の発達をサポートしてくれます。

これらの栄養素は不足しやすいため、妊活している間は積極的に摂るようにしましょう。

鉄分は植物性食品よりも動物性食品に含まれるものの方が吸収されやすいと言われており、亜鉛はカキや牛肉、レバー、鮭、卵黄などに多く含まれています。

葉酸はブロッコリーや小松菜、アボカドなどに多く含まれており、肉や魚と一緒に摂取すればさらに吸収されやすくなります。